IKFギター教室のブログ

新宿から8分アクセス良好
新中野・中野富士見町駅のギター教室
機材や練習方法、おすすめのギタリスト等の話題を中心に書いています。

アンプの個体差

YAMAHAのFというアンプが好きで4台持っています。


トランジスタなのでメンテはほとんど必要なくガンガン使えるのですが
80年代のアンプなので何台か少しガリがでているので掃除してみました。
アンプ分解して自分でメンテするのは初めてです。


1番ガリのでていた1台だけのつもりでしたが
なんだかコツをつかんで楽しくなったので4台全てやりました。


前に4台並べて比較したことがあるのですが
結構音質に個体差ありました。


その時なんとなく気に入った順に番号付けて
1番気に入ったのをメインとして使っています。


今回中を開けて見て気がついたのは
パーツが4台とも全て違いました。


最初作った時に手に入っていたパーツが手に入らなくなったりとかで
生産時期によって違うのでしょうね。


あと、これももう10年以上使っているのにまだ中身入っていて使える接点復活剤
今回も絶好調にガリとれました!
おすすめです。


ヴィンテージは当たり前に良い音がする?

最新機材も興味あるのですが、古い機材も大好きで
ヴィンテージと呼ばれる機材や楽器をよく使うのですが


駆け出しの頃、そんな僕を見てベテランのギタリストが
言った言葉をちょくちょく思い出します。
『ヴィンテージのアンプにヴィンテージのギター突っ込めばいい音するのは
もう過去の音楽で実証済みなんだから、新しい機材で新しい良い音出せよ』と


そうだよな、と思いつつ今だに僕は古い機材の方が多いです。。。


そんなベテランギタリストさんは当時パーカーというメーカーの新しいギターを当時最新のマルチエフェクターに突っ込んで良い音出してたな。


しかし、そんな先輩も最近は昔から持っていたヴィンテージのGibson 175か335を
ヴィンテージのツインリバーブに突っ込んでいるそうです。。。


結局自分の出したい音出すのが一番健全だしそれしかできないな。


IKFギター教室


新宿駅から電車で8分アクセス良好 
中野富士見町駅のギター教室


新宿駅から中野富士見町駅まで8分
中野坂上駅から中野富士見町駅まで3分
中野富士見町駅から徒歩4分
新中野駅から徒歩8分
http://ikfguitarschool.jpn.org/